交通事故の慰謝料の弁護士基準とは?交渉を弁護士に依頼する三つのメリット

執筆者 野沢 大樹 弁護士

所属 栃木県弁護士会

私は、法律とは、人と人との間の紛争、個人に生じた問題を解決するために作られたツールの一つだと考えます。法律を使って紛争や問題を解決するお手伝いをさせていただければと思いますので、ぜひご相談ください。

「交通事故による慰謝料の弁護士基準は、他の基準と何が違うのか」
「弁護士基準で慰謝料を請求するためにはどうしたらいいのか」

交通事故に遭い、相手方に慰謝料を請求しようとしている方の中には、弁護士基準で少しでも高く慰謝料を請求したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、弁護士基準の概要や弁護士基準で請求する方法についてご説明します。

弁護士に依頼するメリットも紹介するので、弁護士に依頼するか迷っている方も参考にしてみてください。

1.弁護士基準とは

弁護士基準とは

弁護士基準とは、交通事故の損害を算定するための基準の一つで、裁判所基準ともいい、過去の裁判例をもとにして、定額化されたものになっています。

この弁護士基準は、保険会社の基準よりも高い金額設定になっています。

示談交渉においては、加害者側の保険会社からは弁護士基準を下回る低額な慰謝料を提示されることが多いため、弁護士基準での損害賠償を請求することにより、金額を増額することができます。

2.弁護士基準で損害賠償を請求する方法

弁護士基準で損害賠償を請求する方法

弁護士基準で損害賠償を請求するには、弁護士に依頼する必要があります。

弁護士基準はもともと裁判で請求した際に認められるものとして定められた金額なので、交通事故の当事者が示談交渉で弁護士基準での解決を提案しても、加害者側保険会社が認めることはほとんどありません。

被害者が加害者側保険会社と直接示談交渉をしても、保険会社の基準(自賠責保険基準、任意保険基準)で計算された賠償額が提示され、その金額からの増額を認めてはくれないのです。

これに対して、被害者から依頼を受けた弁護士が請求する場合には、加害者側保険会社も弁護士基準を用いた金額での交渉に応じるようになります。

そのため、弁護士基準で損害賠償を請求するのであれば、弁護士に依頼して、被害者の代わりに増額交渉をしてもらうのがよいでしょう。

3.弁護士に増額交渉を依頼する三つのメリット

弁護士に増額交渉を依頼する三つのメリット

弁護士に増額交渉を依頼することでさまざまなメリットがあります。

特に大きなメリットは以下の三つです。

  1. 被害者に有利な形で示談交渉を進められる
  2. 精神的な負担が軽減される
  3. 解決までのサポートを受けられる

順にご説明します。

(1)被害者に有利な形で示談交渉を進められる

被害者に有利な形で示談交渉を進められる点は大きなメリットです。

交通事故について専門知識のある弁護士が交渉を行うため、被害者が有利になる形で適切に進めることができます。

加害者側保険会社は、賠償金額を減らすために被害者に不利な基準を用いたり、証拠が足りないとして一部の損害項目を認めなかったりすることがあります。

専門知識のない当事者が専門家集団である保険会社を相手にすると、保険会社のペースで交渉を進められてしまい、最終的に不利な条件をのまされることもあります。

有利な形で交渉を終結させたいのであれば、弁護士に依頼して、交渉を進めてもらいましょう。

(2)精神的な負担が軽減される

弁護士に全てを一任すると、直接相手方保険会社と交渉する必要がないため、精神的な負担が軽減されます。

被害者を相手にしているにもかかわらず、加害者の保険会社は、高圧的な態度をとってくることもあり、交渉に慣れていない方にとっては大きなストレスとなってしまいます。

また、被害者側の金額等に関する主張がなかなか通らないことから、交渉が思うように進まないこともあります。

相手方の保険会社も賠償金額を抑えるために、当事者の要求に対応せず、決着が長引くこともあるでしょう。

仕事や家事などにも時間を割かなければならない状況で、相手方保険会社と交渉を進めることは大きなストレスになるため、そのようなことにわずらわされたくない方は弁護士に依頼することをおすすめします。

(3)解決までのサポートを受けられる

弁護士に相談することで、解決までのあらゆるサポートを受けることができます。

交通事故被害の損害賠償を請求し示談が成立するまでには、法的知識が必要になる場面が多々あるため、その都度弁護士から的確にアドバイスをもらえることは大きな魅力です。

示談交渉だけでなく、後遺障害等級認定申請等のサポートを受けられれば、解決までスムーズに手続を進められるので、時間を効率良く使うことができるでしょう。

4.交通事故被害に関する相談は弁護士法人みずきへ

交通事故被害に関する相談は弁護士法人みずきへ

交通事故被害に関する相談をするなら、弁護士法人みずきをご利用ください。

弁護士法人みずきは、交通事故に関する相談は無料で受け付けております。

平日は21時まで営業していますし、土曜日も営業を行っております。

事前に予約していただければ、日・祝日も相談を受け付けておりますので、いつでもご相談いただけます。

東京、宇都宮、小山事務所はどの事務所も駅から徒歩5分圏内に位置しており、交通の便も良いです。

相談者の立場に立って考えながら解決いたしますので、お一人で抱え込まずにお気軽にご相談ください。

まとめ

弁護士基準で交通事故の賠償請求をしたい場合は、弁護士に相談しましょう。

弁護士に交渉を依頼することで、被害者に有利な形で解決に導くことができます。

示談交渉以外にも手続等のサポートを受けられるので、交渉に自信のない方や少しでも賠償金額を高くしたい方は、弁護士に代理で交渉してもらいましょう。

交通事故でこんなお悩みはありませんか?

交通事故に遭ってしまったけど、
保険会社・相手方とどんな風に対応
すればいいのかわからない・・・

後遺症があるためきちんと賠償を
受けたいけど、後遺障害認定申請や
示談交渉などさっぱりわからない・・・

  • ✓ 事故発生直後からのご相談・ご依頼に対応しています。どの段階の方でも安心してご相談いただけます。
  • ✓ 治療中のアドバイスから後遺障害認定申請、その後の示談交渉や訴訟対応までサポートいたします。

執筆者 野沢 大樹 弁護士

所属 栃木県弁護士会

私は、法律とは、人と人との間の紛争、個人に生じた問題を解決するために作られたツールの一つだと考えます。法律を使って紛争や問題を解決するお手伝いをさせていただければと思いますので、ぜひご相談ください。