【宇都宮で交通事故に関する相談】弁護士みずきにご相談ください

債務整理をしても車を残す方法はある

執筆者 金子 周平 弁護士

所属 栃木県弁護士会

法律は堅苦しいという印象はあるかと思います。しかし、そんなイメージに阻まれて、皆さんの問題や不安が解決されないのは残念でなりません。
私は、そんな法律の世界と皆さんを、柔和に橋渡ししたいと思っています。問題解決の第一歩は、相談から始まります。
皆様が勇気を振り絞ってご相談をしていただければ、後は私どもが皆様の緊張や不安を解消できるよう対応し、法的側面からのサポートができればと思います。敷居はバリアフリーです。あなたの不安を解消するために全力でサポート致します。

「思いもよらぬ交通事故に遭い、これからどうすれば良いのか分からない。」
「保険会社への対応方法や手続がうまくできるか不安。」
このように、突然交通事故に遭ってしまい、今後について不安を抱えているのではないでしょうか。

想定外の交通事故では、冷静に判断することが難しいため、専門的な知識を持ち交通事故に関する実績も豊富なプロに任せるのが賢明と言えます。

弁護士法人みずきでは、交通事故対応に強い弁護士が被害者様のサポートを積極的に行っております。

交通事故でお困りの方は、ぜひ弁護士法人みずきにご相談ください。

1.宇都宮市の交通事故は弁護士法人みずきにご相談

弁護士法人みずきでは、交通事故でお困りの方を全力でサポートいたします。

当事務所には、以下のような3つの強みがあります。

交通事故における保険会社は、加害者側の立場から示談をまとめようと交渉をしてきます。

一度被害者が示談に同意してしまうと、後から示談内容を変更したり合意を破棄したりすることは困難です。

そのため、少しでも交通事故に関して不安を抱えておられる方は相談料0円で承りますので、弁護士法人みずきにご相談ください。

(1)最適な対応をご提案

弁護士法人みずきでは、相談者様それぞれのケースに合わせて柔軟な提案をさせていただきます。

一言に交通事故といっても、治療中の方や相手方から示談を提示された方など相談者様の状況もそれぞれ異なります。

当事務所では、相談者様の状況やご意向に沿って解決策を提案させていただき、保険会社との交渉なども請け負うことが可能です。

例えば、事故直後から相手方と過失割合の争いになっている場合には、「警察の事故処理を人身事故に切り替えるべきか否か」という点が問題となります。

また、治療が長引いてきている場合には「今後どの程度の期間の治療が必要と考えられるか」という点を検討する必要があります。

これらは、後から動くより、適時に警察や病院と連携を取って進めていくことで、ご自身の損害について適切な賠償を受ける助けになります。

当事務所に相談していただければ、専門的知識を持った我々が裁判所基準の適正な賠償金額や示談金額で相手方と交渉することができます。そのため、交渉のことを気にせずに治療に専念していただけます。

このほか、これから実況見分に立ち会われる場合、示談金の提示があった場合など状況によって対応もそれぞれ異なります。

このようなことを相談者様お一人で判断されることは負担がかかることと思います。

そのため、まず弁護士にご相談いただくことで事故後の対応をどのように進めるべきかなどを的確にアドバイスすることができます。

(2)成功報酬制

弁護士法人みずきは、成功報酬制を採用しておりますので、初期費用にご不安がある方でもお気軽にご依頼いただけます。

通常、弁護士に事件を依頼するときには「着手金」というものがかかるのが一般的です。

これは、事件の結果にかかわらず、文字通り事件に「着手」することの対価です。しかし、想定外の事故に遭い、治療中であったり休業中であったりする被害者の方々は、弁護士に依頼する初期費用の捻出も難しい場合が少なくないと思います。

そのような方々でも、当事務所では、成功報酬制(後払い)を採用しているため初期費用なくご依頼いただくことが可能です。

相手方から賠償金を得た後に、上記の報酬金と実費を清算させていただきますので、安心してご依頼いただけます。

※実費:裁判を起こす際、裁判所に納付する印紙代や切手代、記録の謄写費用など、事務処理を進めるために実際に発生した費用

(3)豊富な実績

弁護士法人みずきには、交通事故対応の経験豊富な弁護士が多数在籍しております。

当事務所では、交通事故対応の経験を多く持った弁護士が最適な提案をさせていただきます。

交通事故分野は、慰謝料の金額など、ある程度形式化が進んでいる部分もあります。

しかし、治療期間の長さ、慰謝料の増額事由の有無、事故態様の事実認定や過失割合の検討などは、事案によって事実に基づく検討を要するため、単に形式的な進め方では適切な賠償を得ることはできません。

当事務所では、これらをはじめとした様々な争点について、交渉及び裁判によって戦ってきた経験がございます。

このように、多種多様な実績を積み、その結果これまでのご依頼者様方の多くにも依頼をした結果のお声も頂戴しております。

交通事故に関するご相談は、豊富な経験を持つ弁護士が在籍する弁護士法人みずきにご相談ください。

2.交通事故対応は弁護士に依頼するべき理由

まとめ

交通事故は、予期せずに起こるものであるため、冷静かつ迅速に判断をすることは難しいでしょう。

そのような際に、専門的知識を持った弁護士に相談することでご自身の負担を少しでも減らすことができます。

交通事故対応を弁護士に依頼すべき理由を順にご説明します。

(1)交通事故に関する相手方との交渉を任せられる

交通事故は、対応に専門性が求められますが、事前に被害を予測することはできません。

そうすると、ご自身で保険会社との対応を行っていく場合、治療をしながら知識を調べたりしていくことになります。

しかし、交通事故の被害に遭われた相談者様は、治療が必要である場合やお仕事を継続しなければならないなど様々な状況にあり、このうえ交通事故賠償に関する知識を調べることは負担が著しく大きくなりかねません。

また、お一人で交渉の対応をされると、半ば強引に交渉を進められてしまい加害者側の主張で金額を合意してしまう可能性もあります。

弁護士に相談することで、そのような交渉を弁護士に任せストレスを減らすことができるでしょう。

交通事故に関する対応は、弁護士にご相談ください。

(2)弁護士基準で適正に慰謝料・示談金を交渉できる

保険会社は、あくまで加害者側の立場であるため、提案してくる示談金は、自社の保険基準により算出される金額となります。

場合によっては、加害者にとって有利な状況や事情のみを考慮して決められることも少なくありません。

専門的な知識を持つ弁護士に任せることで、裁判所基準と呼ばれる算定基準で計算した金額を主張することができます。

一般的に、任意保険会社の基準よりも裁判所基準の方が、慰謝料の金額が高額となるため、仮に弁護士費用がかかったとしても、この増額分で十分賄えることが少なくありません。

弁護士法人みずきでは、保険会社が提示した示談金の金額を無料で査定しております。

保険会社から提示された示談金に不安を感じられる方は、一度ご相談ください。

3.交通事故に遭ったら早めに相談を

交通事故に遭うと様々なことに不安を抱き、適切な判断を冷静に行うことが困難になる方もいらっしゃいます。

実際、ご相談が遅れたが故にご意向にあった交渉ができないケースもあります。

一方、事故後の早い段階で弁護士にご相談いただくことで最適な提案をさせていただくことができます。

被害者・被害者家族の方々が不利益を被ることを防ぐためにも、早期に弁護士の相談することを推奨いたします。

まとめ

想定外の交通事故に遭われた場合、不安な心情が残る中対応には高度な専門性が必要とされることもあります。

相手方との交渉を安心してスムーズに進めていただくためにも、まずは弁護士にご相談いただくことが最適と言えます。

弁護士にご相談していただくことで、相談者様のストレスを軽減し適切な交渉を進めることができます。

弁護士法人みずきでは、交通事故対応の経験豊富な弁護士が在籍しておりますので、一度ご相談ください。

執筆者 金子 周平 弁護士

所属 栃木県弁護士会

法律は堅苦しいという印象はあるかと思います。しかし、そんなイメージに阻まれて、皆さんの問題や不安が解決されないのは残念でなりません。
私は、そんな法律の世界と皆さんを、柔和に橋渡ししたいと思っています。問題解決の第一歩は、相談から始まります。
皆様が勇気を振り絞ってご相談をしていただければ、後は私どもが皆様の緊張や不安を解消できるよう対応し、法的側面からのサポートができればと思います。敷居はバリアフリーです。あなたの不安を解消するために全力でサポート致します。

関連記事