【小山市で借金問題のご相談なら】弁護士法人みずきにお任せください

執筆者 野沢 大樹 弁護士

所属 栃木県弁護士会

私は、法律とは、人と人との間の紛争、個人に生じた問題を解決するために作られたツールの一つだと考えます。法律を使って紛争や問題を解決するお手伝いをさせていただければと思いますので、ぜひご相談ください。

「借金が返済できず、どうすれば良いかわからない」
「小山市内で借金問題について相談したい」

借金問題について、どこに相談すればよいかわからない方も多いのではないでしょうか。

借金のお悩みであれば、弁護士法人みずきにお任せください。

本記事では、借金問題を解決する方法や、弁護士法人みずきにご依頼いただく場合のメリットなどについてご説明します。

小山市で借金の返済に悩んでいる方は参考にしていただけますと幸いです。

1.借金の相談なら弁護士法人みずきへ

弁護士法人みずきでは、小山駅から徒歩1分の所に栃木小山法律事務所を設けています。

営業時間は平日の9:30~21:00、土曜日の9:30~18:00です。

ご予約いただければ、日曜・祝日のご相談も承っています。

平日は仕事があるという方も、まずはお気軽にご連絡ください。

当事務所は、借金問題について多くの方からご依頼いただいています。

例えば、過去には以下のようなケースを解決してきました。

  • 月額20万円の返済額を、個人再生手続をしたことで月額4.5万円まで減額
  • 自己破産手続をしたことで、総額500万円もの債務が0円に

弁護士法人みずきでは、相談者さまの借金の総額や収入状況、家庭の事情などを考慮して一人ひとりに最適な解決方法をご提案します。

上記のケース以外にも解決実績は豊富にあるため、借金についてお悩みの方は一人で抱え込まずにご相談ください。

経験豊富な弁護士が、相談者さまの立場に寄り添い親身になって対応します。

2.借金の相談でよくある疑問

借金を抱えてしまうと、解決できるのか、もし返済できなかったらどうなるのかなど心配になりますよね。

ここでは、借金の相談でよくある疑問についてご説明します。

(1)借金問題を解決する方法とは何か

借金問題を解決する方法として、任意整理、個人再生、自己破産の3つの手続があります。

これらの借金問題を解決するための方法をまとめて「債務整理」といいます。

それぞれ順にご説明します。

#1:任意整理

任意整理とは、借金のうち利息部分をカットしたり、返済期間を再設定したりするよう交渉し、返済の負担を軽減する方法です。

「任意」と付いているように、裁判所を通さずに債権者と直接交渉をします。

減額される金額は大きくはありませんが、家や車などの財産を手放すことなく借金の負担額を減らせるため、債務総額が少ない場合に向いている方法です。

中には交渉に応じてくれない債権者もいるため、任意整理をしたくてもできない場合があることに注意しましょう。

#2:個人再生

個人再生は、現在の収入状況では返済が困難であることを裁判所に認めてもらったうえで、借金を一定の割合で減額し返済していく方法です。

減額された借金については、原則3年間で返済していくことになります。

借金の総額に応じて最大10分の1まで減額されるため、任意整理よりも大きく借金を減額することができますので、多重債務に陥ってしまっている場合はこの方法が向いています。

しかし、債務総額が5000万円を超えると手続の対象外になってしまいますし、減額の割合が大きいといっても借金が大きければ減額後の金額も大きくなりますので、「債務総額が大きければ個人再生が良い」とは一概に言えません。

#3:自己破産

自己破産は、現在の収入状況では返済が困難であることを裁判所に認めてもらい、借金の支払義務を免除してもらう方法です。

借金額がゼロになりますので、債務総額が大きい場合は非常にメリットの大きい方法です。

一方で、手続の進行中は就けない資格・職業があったり、家や車など資産価値の高いものは手放す必要があったりとデメリットも大きい手続です。

(2)債務整理を行うと家族に影響するのか

債務整理を行うと、身の回りの人にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

  1. 保証人・連帯保証人への影響
  2. 家族への影響
  3. 会社への影響

では、順にご説明します。

#1:保証人・連帯保証人への影響

もし保証人・連帯保証人がいる場合は、その人に保証債務の支払義務が生じます。

特に注意するべき点は、個人再生や自己破産によって借金が減額・免除されたとしても、保証人・連帯保証人は支払義務を免れないことです。

保証人・連帯保証人が保証債務を支払えない時は、その人も債務整理手続をして借金を減額・免除を受ける必要があります。

なお、任意整理の場合、対象とする債権者を選ぶことができますので、保証人・連帯保証人がついている債権者を対象としないことにより、保証人・連帯保証人への影響を回避できる可能性があります。

#2:家族への影響

債務整理の手続を行うと、一定期間はクレジットカードを作ったりローンを組んだりすることが難しくなるため、クレジットカード払いを利用している場合は代替の支払手段を用意しなければならないなど、不便が生じることがあります。

また、自己破産をすると申立てをした人の名義の家や車などを手放さなければなりません。

住む場所や移動手段がなくなってしまいますので、一緒に住んでいる家族にも大きな影響を与えます。

債務整理をすることでローンを組めなくなり、一括払い以外では家や車を購入することが難しくなるため、生活水準を下げる必要もあるかもしれません。

#3:会社への影響

債務整理を行っても、基本的に会社に対して影響が及ぶことはありません。

ただし、会社から借入れをしている場合はその借入れも減額や免除の対象になります。

特に、個人再生や自己破産をする際に、債権者である会社は債権届を提出するなどの手続を行う必要が生じます。

もし会社に知られたくない場合は、任意整理を選択して会社からの借入れを対象から外しましょう。

(3)弁護士に依頼すると債権者からの借金の取立て連絡がなくなる

弁護士に依頼することで、債権者からの借金の取立て連絡が止まります。

弁護士は、債務整理手続の依頼を受けると、債権者に対して受任通知(弁護士が債務者の代理人として債務整理手続を行うことを債権者に知らせる通知)を送付します。

この通知を受けた債権者は、債務者に対して返済するように直接連絡することを禁止されるという効果が法律上認められているためです。

(4)借金を返済しないままだとどうなるのか

借金を返済しないままでいるとどうなるのでしょうか。

以下ような段階を経て、債権者による財産の差押えまで発展する可能性があります。

  1. 債権者から電話や郵便などで督促を受ける
  2. 督促を無視していると、借金を一括で返済するように求められる
  3. 一括返済にも応じない場合、債権者から訴訟を起こされる
  4. 財産の差押えを受ける

督促を無視し続け、一括返済にも応じなければ訴訟を起こされるケースがありますので、早めに対応することが大切です。

訴訟を起こされても対応しなければ、預金や給与債権などの財産を差し押さえられてしまう可能性もあります。

借金の返済が滞ったまま放置すると、状況はどんどん悪化してしまいますので、もし返済が難しいとわかったらすみやかに弁護士に相談しましょう。

3.弁護士法人みずきへ相談するメリットとは

弁護士法人みずきでは、皆さまに安心して相談いただけるようさまざまなサポートをご用意しています。

初めての法律相談で不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、親身に対応いたします。

(1)相談料無料

借金に関する相談は、相談料が無料です。

相談するだけでもお金がかかってしまうのではないか、と不安に思っている方もご安心ください。

無料相談では、弁護士が相談者さま一人ひとりの問題に合わせて最適な方法をご提案します。

(2)わかりやすい費用体系

費用体系をシンプルにし、わかりやすい費用体系を心掛けています。

費用については分割での積立ても可能ですので、一度に大きな金額を負担していただくことなくご依頼いただけます。

詳しい料金は、当事務所のホームページをご覧ください。

弁護士法人みずきのホームページはこちら

(3)豊富な解決実績

当事務所に所属する弁護士は、過去に多くの借金問題に対応してきた弁護士です。

解決実績も豊富にあるため、相談者さま一人ひとりの状況をお聞きして最も良い方法を提案いたします。

親身になってお話をお伺いしますので、少しでも不安に思うことがあれば何でもお話しください。

まとめ

借金問題の解決には、専門的な知識が必要です。

手続も複雑なものが多いため、自分自身で解決しようとするとかなりの負担がかかってしまいます。

弁護士法人みずきでは、手続をすべて代行いたしますので、皆さまの負担を最小限に抑えていただけます。

借金でお困りのことがあれば、ぜひ当事務所にお気軽にご相談ください。

債務整理でこんなお悩みはありませんか?

もう何年も返済しかしていないけど、
過払金は発生していないのかな・・・
ちょっと調べてみたい

弁護士に頼むと近所や家族に
借金のことを知られてしまわないか
心配・・・

  • ✓ 過払金の無料診断サービスを行っています。手元に借入先の資料がなくても調査可能です。
  • ✓ 秘密厳守で対応していますので、ご家族や近所に知られる心配はありません。安心してご相談ください。

執筆者 野沢 大樹 弁護士

所属 栃木県弁護士会

私は、法律とは、人と人との間の紛争、個人に生じた問題を解決するために作られたツールの一つだと考えます。法律を使って紛争や問題を解決するお手伝いをさせていただければと思いますので、ぜひご相談ください。