交通事故の届出は義務なのか?事後に届出をしない四つのリスクと適切な対応

執筆者 岡野 翔太 弁護士

所属 東京弁護士会

法律問題の多くは、皆様にとって全くご縁が無かったものか、あまり意識することが無かったものだと思います。そして、これらの法律問題に直面された皆様は、法律問題が今後どのように進むのか、自分に今後どのような影響があるのか、無事に解決するのか等の不安を抱えているのではないかと推察いたします。
私は、皆様が直面した法律問題に対し、解決に向け丁寧な道案内に努め、少しでも皆様の不安を解消できるよう全力でサポートいたします。決して皆様を一人にはしません。
困ったことがあれば、何でもお気軽にご相談いただければと思います。

「交通事故に遭っても被害がほとんどないときは警察に届けなくてもいいのか」
「交通事故後に警察に届けなかったらどんなリスクがあるのか」

交通事故に巻き込まれた方の中には、被害が少なくて警察に届けずにその場で示談してもいいのではないかと思われている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、交通事故後の事故発生の届出をしないリスク、事故発生後の適切な対応の流れについてご説明します。

1.交通事故の後に警察への届出をしなければならないのか

交通事故の後に警察への届出をしなければならないのか

結論から言うと、交通事故に遭ったら必ず警察に届出をしなければなりません。

交通事故後に警察に届出をするのは義務行為で、道路交通法第72条第1項で定められているからです。

人身事故の場合、加害者だけでなく被害者にも通報義務があります。

加害者が面倒ごとを避けるためにその場で示談交渉をしてくる可能性がありますが、その場で示談交渉をしてしまうと後々被害者の不利に働いてしまうので、まずは警察に通報しましょう。

なお、物損事故の場合も、警察を呼ばなければなりません。

ガードレールや電柱などに車をぶつけてしまった場合でも、警察に届出をしましょう。

2.交通事故の届出を事後にしない三つのリスク

交通事故の届出を事後にしない三つのリスク

交通事故の届出を事後にしない場合、いくつかのリスクを負うことになります。

主なリスクは以下の三つです。

  1. 道路交通法違反として罰則を受ける
  2. 実況見分調書を入手できない
  3. 交通事故証明書を作成してもらえない

事後に届出をしなければどのような状況になるのか具体的にご説明します。

(1)道路交通法違反として罰則を受ける

交通事故後に警察への届出を怠ると、道路交通法違反として罰則を受けることになります。

道路交通法第72条第1項の違反者は、5年以下の懲役または50万円以下の罰金を命じられる可能性があるのです。

物損のみの場合も含めて、交通事故に遭われた場合は、必ず警察を呼ぶようにしましょう。

(2)実況見分調書を入手できない

警察に届出をしなければ、実況見分調書を手に入れることができません。

実況見分調書とは、現場の道路状況や事故車両の位置状況、事故当時の天候、路面状況などが詳細に記載された書類のことです。

警察官が事故の状況を記録するために作成する書類ですが、刑事事件の裁判で証拠としても使用されます。

一見、一般人には関係なさそうに感じるかもしれませんが、特に、過失割合が争点となる事故については、実況見分調書の記載が特に重要になるケースが多いといえます。

交通事故後に警察に通報しなければ、実況見分調書を作成してくれないので、事故の状況を正確に判断できなくなります。

事故の状況が分からなければ、適正な過失割合を出すことができず、交渉を有利に進めることができないがために、請求できる損賠賠償金が減ってしまう可能性があるでしょう。

(3)交通事故証明書を作成してもらえない

交通事故後に届出をしなければ、交通事故証明書も作成してもらえません。

交通事故証明書とは、各都道府県の自動車安全運転センターが交通事故が発生した事実を証明した書類のことです。

交通事故証明書が発行されなければ、加害者が加入する自賠責保険を確認することができず、自賠責保険に損害賠償金を請求することが難しくなる可能性があります。

交通事故に関する金銭的な補償を受けるためには、交通事故証明書が必要であることを覚えておきましょう。

3.交通事故の後の適切な対応の流れ

交通事故の後の適切な対応の流れ

交通事故に遭ったときの取るべき対応についてご説明します。

主な流れは以下の通りです。

  1. 警察に通報する
  2. 後発事故が発生しないよう車を移動させる
  3. 警察官に事故の状況を説明する

交通事故に巻き込まれたときに、どのような対応を取ればいいのか頭に入れておきましょう。

(1)警察に通報する

周囲の安全を確保できたら、110番通報をして警察を事故現場に呼びます。

110番通報をすると、現場を管轄する警察の通信指令室につながるので、指示に従って警察が到着するのも待ちましょう。

警察が到着するまで、事故の原因や状況を整理しておくことをおすすめします。

(2)後発事故が発生しないよう車を移動させる

また、警察に通報した後は、後発事故が発生しないよう、車を道路の端等に移動させることが必要です。

(3)警察官に事故の状況を説明する

到着した警察官に事故の状況を説明します。

警察から事故に関する質問をされるので、なるべく具体的に事故が起こった経緯を説明してください。

特に、事故の発生場所や負傷者を含む現場の状況、事故による損傷物の三点を中心に聞かれるでしょう。

まとめ

交通事故後は、警察に届出をする義務があります。

届出をしない場合、罰則を受けたり賠償金を請求する際に支障が生じたりするので、事故が発生した場合は、必ず警察に通報してください。

もし、交通事故の被害に遭われた方は、今回紹介した交通事故後の対応を参考に、適切に対処しましょう。

交通事故でこんなお悩みはありませんか?

交通事故に遭ってしまったけど、
保険会社・相手方とどんな風に対応
すればいいのかわからない・・・

後遺症があるためきちんと賠償を
受けたいけど、後遺障害認定申請や
示談交渉などさっぱりわからない・・・

  • ✓ 事故発生直後からのご相談・ご依頼に対応しています。どの段階の方でも安心してご相談いただけます。
  • ✓ 治療中のアドバイスから後遺障害認定申請、その後の示談交渉や訴訟対応までサポートいたします。

執筆者 岡野 翔太 弁護士

所属 東京弁護士会

法律問題の多くは、皆様にとって全くご縁が無かったものか、あまり意識することが無かったものだと思います。そして、これらの法律問題に直面された皆様は、法律問題が今後どのように進むのか、自分に今後どのような影響があるのか、無事に解決するのか等の不安を抱えているのではないかと推察いたします。
私は、皆様が直面した法律問題に対し、解決に向け丁寧な道案内に努め、少しでも皆様の不安を解消できるよう全力でサポートいたします。決して皆様を一人にはしません。
困ったことがあれば、何でもお気軽にご相談いただければと思います。