女性のための離婚相談

このようなことでお悩みの方は
是非一度ご相談ください

  • 離婚を考えて、適切な財産分与を取り決めたい
  • 感情的になってしまい、話し合いが進まない
  • 夫から突然離婚を迫られた
  • 夫が浮気をしているため慰謝料を請求したい
  • 夫から暴力・DVを受けている
  • 離婚はしたいが離婚後の生活や子供のことが心配
  • 離婚時に定めた条件を変更・行使したい
離婚は法律的な問題だけでなく、生活のこと、子供のこと(親権)、将来のこと(財産分与、年金分割、慰謝料)、不安な毎日を過ごしていらっしゃる方は多いと思います。夫の収入に頼っている場合はもちろん、自身にも収入がある場合も、離婚後の生計の立て方等、女性は男性以上に将来の事をしっかりと考えておく必要があります。 これまで多種多様な離婚の案件に携わってきた当事務所の弁護士があなたの不安や要望をじっくりお伺いし、人生の再スタートへの最善の解決策の提案やサポートをいたします。 もちろん、ご相談は秘密厳守で対応させて頂いております。 夫からの暴力が怖くて相談できないという方、職場やご近所に内緒で相談したい方、安心してご相談ください。

MERIT

-離婚を弁護士に依頼するメリット-

相手方とのやり取りは弁護士が行います

離婚の条件はもちろん、離婚に関する内容はすべて弁護士が代わりに交渉します。ご自身からは話しにくい内容がある方や、ご自身で話をしても一切聞き入れてもらえない方、遠方に居住して直接離婚の話し合いをすることができない方、も安心してお任せください。

離婚成立までを徹底サポート

慰謝料、婚姻費用の分担、親権、養育費、離婚にあたって決めておくべき内容は沢山あります。また、財産分与といっても、分割されるべき財産の内容や方法は多岐にわたるため、法的に適切な内容の財産分与を実現することは容易ではありません。さらには離婚の方法も協議離婚、離婚調停、離婚裁判等、複数あります。 皆様にとって一番メリットの高い内容で離婚できるよう、経験豊富な弁護士がトータルサポートします。

離婚後のトラブルを未然に防止

離婚の時にしっかり話し合っていなかったため、後々トラブルに発展するケースが多々みられます。 弁護士が皆様おひとりおひとりの家庭状況、夫婦で形成した財産の状況に応じて適切な離婚の方法や条件の取り決め、離婚後のトラブル防止策を提案します。

FLOW

-離婚手続きの流れ-

離婚について知っておきたいこと

離婚成立までの生活費

夫婦は、相手に自己と同程度の生活レベルを維持させる義務を双方に負っています。 別居により片方の収入がない場合など、生活レベルが異なる場合には、相手方に生活費(婚姻費用)を請求することができる場合があります。 適切な金額の生活費を取り決めることにより、その後の離婚協議、法的手続を慎重に進めることができるようになります。ご依頼中、弁護士があなたに代わって婚姻費用の請求を行います。(詳しくはこちらからご覧下さい。)

慰謝料

慰謝料は結婚していた期間、子供の有無、離婚の原因等、皆様それぞれの事情によって異なってきます。あなたのご希望の額に沿えるよう、弁護士による粘り強い交渉、裁判での立証活動が必要になります。(詳しくはこちらからご覧下さい。)

財産分与

分与の対象となる財産は、その名義に関係なく、夫婦が婚姻から離婚するまでに築いてきた財産全てです。分け方にルールはありません。双方の話し合いによって自由に分けることができます。(詳しくはこちらからご覧下さい。)

年金分割

婚姻期間中の夫婦の納付実績の一部を分割し、離婚後、もう一方の配偶者が受け取ることができるようにする制度です。(詳しくはこちらからご覧下さい。)

サポート案内

1.これから離婚を考えている方

弁護士が離婚成立までをトータルサポートします。 離婚の交渉のプロである弁護士が、あなたのご事情、ご要望をお伺いしたうえで、あなたの離婚後の将来像を想定し、諸条件の調整、交渉、取決めを行います。 二人だけで話し合った場合は一切聞き入れてもらえない場合や口論になってしまうような場合でも、弁護士に任せることで、法的に適切な主張であることを説明することができますし、相手方に会わずに交渉することができますので、法律的に適切な条件の取決めがスムーズに進めることができます。 少しでも有利な条件で離婚し、安心して人生の再スタートをきることができるよう、徹底的にサポートします。

2.離婚協議サポート

協議離婚は、離婚届を提出するだけで成立する離婚です。 時間的・費用的に一番簡単な方法ですが、お互いの生活環境が変わったことによりうやむやにされてしまったり等、一番トラブルに繋がり易い方法でもあります。 弁護士が諸条件の話し合いから法的拘束力をもった離婚協議書の作成までをサポートします。 (離婚協議について、詳しくはこちらからご覧下さい。)

3.調停手続サポート

夫婦間で協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に調停の申立をし、裁判所の手を借りて離婚の話し合いをすることになります。 調停委員が間に入りますので、直接相手方と話をする必要はありませんが、相手方からあなたにとって不利な発言や主張が出される場合、自身の主張を説得するためには法的に適切な資料の収集や提出の必要があります。 弁護士が調停への同席、調停に望む際の助言をし、調停成立まであなたをサポートします。 (調停離婚について、詳しくはこちらからご覧下さい。)

4.裁判手続サポート

調停が不成立となった場合、裁判所に訴訟提起をして解決を図ります。 裁判による離婚が認められるためには、法律で定められた離婚原因を主張する必要があります。書面の作成、証拠の収集、裁判所への出頭、弁護士が全てあなたに代わって行います。 (裁判離婚について、詳しくはこちらからご覧下さい。)

5.離婚後のトラブルサポート

条件を決めずに離婚届を出してしまった方、離婚後相手方から約束を守ってもらえていない方、離婚成立後2~3年以内であれば、慰謝料・財産分与を請求することが可能です。この他の条件についても弁護士を介して交渉できる場合があります。 諦めずに一度ご相談ください。

当事務所では、わかりやすく丁寧な説明を心がけております。
ご不明な点や、ご心配なことは何でもご相談ください。

CONTACT