B型肝炎給付金請求

3つ全てに当てはまる方、
国からの給付金の支給を
受けることができます。

  • 昭和16年7月2日~昭和63年1月27日生まれの方

  • 7歳までに「集団予防接種等(予防接種、ツベルクリン反応検査)」を受けた方

  • B型肝炎ウイルスに感染された方、B型肝炎ウイルスでご家族を亡くされた方

平成34年1月12日までに請求する必要があります。
ご確認のうえ、お早めにご相談ください。


B型肝炎とは

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染によって起こる肝臓の病気です。思春期以降に感染すると一過性で済むことが多いのですが、3歳未満もしくは母児感染の場合は、慢性化する傾向にあります。

慢性B型肝炎は、病気が進行すると無症状で肝硬変や肝がんへと進展することがあるため注意が必要です。
主にB型肝炎ウイルス(HBV)に感染している人の体液・血液を介して感染します昭和23年から昭和63年までの間、集団予防接種等の注射器が連続使用されていたことが原因で感染が拡大しました。当時7歳未満だった方の約40数万人がB型肝炎ウイルス(HBV)に感染する被害を受けたとされています。

主な症状

  • 全身の倦怠感

  • 食欲不振

  • 悪心

  • 嘔吐

  • 黄疸・褐色尿


給付金について

国は、集団予防接種等の注射器の連続使用によりB型肝炎ウイルスに感染したとされる方、及びその母児感染の方に対し、給付金の支給を行っています。 給付金の金額は病態及び発症からの年数に基づき、以下のような基準が設けられています。


病態等 給付額
死亡・肝がん・肝硬変(重度) 3600万円
肝硬変(軽度) 2500万円
慢性B型肝炎
(発症後20年未満)
1250万円
慢性B型肝炎
(発症後20年以上、治療中)
150万円
無症候性キャリア
(感染後20年未満)
600万円
無症候性キャリア
(感染後20年以上)
50万円
その他 ・訴訟等にかかる弁護士費用として給付金額の4%相当額
・B型肝炎ウイルス感染者であることを確認するための検査費用

給付金の支給を受けるためには、確定判決もしくは裁判上の和解等が必要となります。 また、給付金の支給を認めている法律(「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別設置法」)の効力が施行から5年間とされているため、平成34年1月12日までに請求手続を行う必要があります。

厚生労働省サイト

手続きの流れ

  1. 相談

    まずはご相談ください。弁護士が制度の説明や支給を受けるために今後どのような検査等を行っていく必要があるかをご説明致します。

  2. 証拠収集

    給付金の支給を受ける事ができる方は、集団予防接種等の注射器の連続使用により感染した方となります。それ以外の感染経路ではないことを確認できる証拠を収集する必要があります。必要に応じて医療機関での検査を受けて頂く必要があります。収集にかかる期間はお客様のご都合によって異なりますが、だいたい2~3ヶ月程度を要します。

  3. ご依頼・ご契約

    収集いただいた証拠を元に、弁護士が給付金の請求の可否を判断いたします。請求可能な場合には、当事務所と契約書を取り交わしのうえ請求を進めていきます。

  4. 訴訟手続

    裁判所への訴訟提起を行い、和解もしくは確定判決を受けます。事案によって異なりますが、早くて半年程度を要します。申立の準備、書面作成、裁判所への出廷は全て弁護士があなたに代わって行います。

  5. お支払い

    当事務所が社会保険診療報酬支払基金へ調書を提出し、国からの支払いを受けます。支給金の中から弁護士費用等を差し引かせていただいた金額をお客様ご指定の口座にお振り込みし、ご依頼は終了となります。

救済要件と主な必要証拠

一次感染者

B型肝炎ウイルスに持続感染していること

1検査結果(6ヶ月以上間隔をあけた連続した2時点)
  • HBs抗原陽性

  • HBV-DNA陽性

  • HBe抗原陽性


2HBc抗体陽性(高力価)

お住まいの都道府県の保険所での肝炎ウイルス検査により、低額で検査を受けることができます。実施日程、費用については実施主体によって異なります。


満7歳になるまでに集団予防接種等を受けたことが確認できる方

1母子手帳
2予防接種台帳
3①・②が提出できない場合、接種痕が確認できる旨の医師の意見書等

母子感染でないこと ※①~③のうちいずれかひとつに該当

1母親の検査結果(HBs抗原陰性、かつ、HBc抗体陰性)
2年長のきょうだいの内、一人でも持続感染者でない者がいること
3その他、医学的知見等

集団予防接種等以外の感染原因がないこと

  • 直近1年分の医療記録

  • 持続感染判明から1年分の医療記録 等

二次感染者

母親が一次感染者の要件を満たすこと

※一次感染者の要件と同様となります。


対象者が持続感染していること

※一次感染者の要件と同様となります。


母子感染であること

1対象者が出生直後にB型肝炎ウイルスに持続感染していたことがわかる資料
2対象者と母親のB型肝炎ウイルスの塩基配列比較

この他、詳細は当事務所までお問い合わせください。

弁護士法人 東京みずき法律事務所

〒104-0031東京都中央区京橋1-1-5セントラルビル12階
営業時間 月~土 9:30~21:30
(日祝はご予約制)

お問い合わせ・ご相談はこちら

行き方はこちら

弁護士法人東京みずき 宇都宮大通り法律事務所

〒320-0811栃木県宇都宮市大通り2-2-3
明治安田生命・黒崎ビル5階

お問い合わせ・ご相談はこちら

行き方はこちら

弁護士法人東京みずき 栃木小山法律事務所

〒323-0022栃木県小山市駅東通り1-4-10
センチュリーX1ビル3階
営業時間 月~土 9:30~21:30
(日祝はご予約制)

お問い合わせ・ご相談はこちら

行き方はこちら

PAGE TOP